LovekaCh[ラブカチャンネル]

VOD・アニメ・映画・ドラマ・スマホアプリに関する情報を発信しています(ㆁᴗㆁ✿)

邦画

『22年目の告白-私が殺人犯です-』感想 心を揺さぶられるサスペンス映画※ネタバレなし

投稿日:

こんにちは。先日、藤原竜也さん主演の『22年目の告白-私が殺人犯です-』を見ました。今回の記事ではこちらの作品の感想を書かせてもらいます!

最初から最後までネタバレはありません。まだ映画を見たことない人向けの記事です!

『22年目の告白』あらすじ

1995年、東京で5件の連続絞殺事件が起きる。警察の決死の捜査も虚しく時効を迎えてしまい、事件から22年後が経ったある日、派手なパフォーマンスと共に自分が犯人だと名乗る男・曾根崎雅人が現れる。彼が出版した手記はベストセラーとなり、一躍時の人となるが…。

時効となってしまった連続絞殺事件を巡るサスペンス映画となっており、韓国の映画『殺人の告白』のリメイク作品です。

藤原竜也さんを主演に、伊藤英明さん、仲村トオルさんなど豪華キャストで製作されました。

私は韓国版は見ていないので、元の作品と比較してとかではなく、純粋に『22年目の告白』だけの感想を書かせてもらいますね。

『22年目の告白』感想

演出が見事

まず冒頭の怒涛のニュースシーンから物語に引き込まれる。1995年から2017年までをダイジェスト的に送り、その中に5件の連続殺人の様子を映し出し、ただごとではない雰囲気に飲み込まれた。

さて物語は時効が成立した事件の犯人・曾根崎(藤原竜也)が記者会見をするところから始まる。事件のことを綴った手記を発表した彼は一躍時の人となり、美形であることも手伝って、"ソネ様"という愛称までつき、若い女性を中心に人気が高まっていく。

この辺りの曾根崎の人気が世間で高くなっていく様子がすごかった。ツイッター、インスタグラム、ニコニコ動画、LINEスタンプなどSNSを中心に広がっていく様子が非常にリアル。

もし現実で同じことが起きたとしたら、こんな風にインターネット上でお祭り騒ぎが巻き起こることが容易に想像できてしまう。

正直殺人犯にキャーキャー騒いでいる様子は非常に胸くそ悪いシーンなんだけど、でも現実ってこんなもんなんだろうなぁなんて思ってしまう。

遺族の悲痛さが刺さる

被害者の遺族が登場するのだが、曾根崎が出てきたことにより彼らは一層の苦しみを味わうことになる。

なぜ自分の家族を殺した男がのうのうと生きているのか?本を出版して大金を稼いでいるのか?世間で持て囃されているのか?

彼らの苦しみや憎しみが画面越しにありありと伝わってきて見ていられなかった。

SNSでお祭り騒ぎをしている人も、ニュース番組で怒りを爆発させるコメンテーターも、デモを起こす人々も全て蚊帳の外の存在。目の前で大切な者を殺された苦しみは彼ら自身にしか分からない。

とはいえ遺族は物語の主役ではない。遺族視点のストーリーを必要最低限に抑えていたのは逆に良かったと思う。

藤原竜也の演技がすごい

藤原竜也といえば、デスノートや藁の楯のような殺人犯の役というかクズの役がすごいハマっているイメージだけど今回もまぁすごかった。

冒頭の記者会見のシーンからいきなり映画に引き込まれるのは藤原竜也の独白にすごみがあってこそのもの。

そして物語が進むにつれて藤原竜也の熱演っぷりは増していき、見終わった後に考えてみるとこの映画も藤原竜也ワールドだったなぁと。

正直この役は彼以外にできる気がしない。

中盤から一気に動くストーリー

序盤から早々に物語に引き込まれるし相当面白いんだけど、中盤からその面白さに拍車が掛かっていく。

一番の見所はニュース番組に生出演する曾根崎、牧村(伊藤英明)、仙堂(仲村トオル)の討論シーン。この辺りからストーリーが一気に展開していき、二転三転していく話からもう目が離せない。

なぜ曾根崎は22年経った今、自分が犯人だと名乗り出てきたのか?

そして5件の連続絞殺事件はなぜ起きたのか?

真相が明らかになっていく怒涛の展開は本当に鳥肌ものだった。

ぜひネタバレなしで見て欲しい。

『22年目の告白』解説

解説ってほどじゃないのですが、ちょっと気になったことがあったので数点調べました。

曾根崎の年齢は?

見る前から気になっていたのですが、事件から22年後の話ってことはこの殺人犯何歳なん…?と思ったので調べてみると、22年後の曾根崎は44歳という設定らしいです。

撮影当時の藤原竜也さんは35歳だったので、到底44歳には見えないですが…(笑)まぁでも藤原竜也さんなら44歳になっても今の容姿を保っていそうな感じがしますね。

ファントム・ペインって何

ストーリーの中で「ファントム・ペイン」という聞き慣れない単語が出てきます。

登場人物の説明によると「切断されたはずの四肢が、痛み出す現象」のことらしいです。幻肢痛とも呼ばれるみたいです。

「失くしたものを痛がってもどうしてあげることもできない」というようなセリフと共に語られますが、そう言われるとこの幻肢痛というのは遺族の痛みを見事に表現した言葉ですね。

おわりに

『22年目の告白-私が殺人犯です-』の感想を書かせてもらいました。

もう一言で言っちゃうとめちゃくちゃ面白かったです。

本当に面白すぎて思わず2回連続で見てしまいました(笑)見終わった後「真相を知った上でもっかい見たい!」って思っちゃって。

ただ胸くそ悪いシーンは何回も出てくるので(グロいのはありません)、正直万人に薦められるかといえばそうではないんですよね。

サスペンスやミステリが好きな人なら絶対に楽しめると思います!

ネタバレは絶対見ずに、真相に迫っていくスリリングな展開をぜひ楽しんでください。

関連記事
『22年目の告白-私が殺人犯です-』を無料で見る方法

こんにちは!『22年目の告白-私が殺人犯です-』は、韓国の映画『殺人の告白』をリメイクした作品です。藤原竜也さんを主演に、伊藤英明さんや仲村トオルさんなど豪華キャストで製作されました。 個人的にサスペ ...

  • この記事を書いた人

管理人ちゃん

LovekaCh編集長。アニメが好き。

-邦画
-

Copyright© LovekaCh[ラブカチャンネル] , 2020 All Rights Reserved.